インビザラインは新しい歯の矯正治療方法の1つであり、マウスピースタイプの治療方法となります。本来であればワイヤーで歯を強制的に動かすよう治療を行いますが、インビザラインの場合は歯全体を覆うマウスピースを装着することで治療が行われます。透明なマウスピースとなるため、装着していても治療中ということはわかりにくく使用している本人も使っているかわからないほどフィット感があります。また自身で装着や取り外しが行えるので歯磨きなど手入れなども楽に行えます。ただしインビザラインの装着は、1日最低でも20時間以上が理想とされています。一般的には22時間以上の装着が必要なので、ほぼ取り外すことなく装着し続けます。ただし取り外せるということでつける事を忘れてしまうと、まったく矯正治療の効果は出なくなります。つけている時間が短くなっても効果はうすくなるため、矯正治療に時間がかかる場合があります。

インビザラインは食事が多い人は注意が必要

歯の矯正治療の場合にワイヤー治療はその見た目から、ひと目が気になるという人も多くいます。特に接客業など仕事にしている人などは、笑顔になった時にワイヤーが見えてしまっては印象がよくないということで治療ができない人も少なくありません。見た目などが気にある人にはインビザラインを使用した歯の矯正治療はおすすめです。透明なマウスピース型となるので、取りつけても違和感なく見た目もまったく変わらないので安心です。ただし仕事柄、会食やパーティーなど食事をする頻度が多い人などには注意が必要です。マウスピースタイプなので取り外しは自身で行えますが、食事の際は外す必要があります。食事や会食の度に外すことになるので、取りつけている時間が短くなります。そうなると強制治療の効果も薄くなり歯の矯正治療がうまく行われない場合が出てきます。あまりに食事をする回数が多い場合は使用するさいには注意が必要といえます。

インビザラインなら気付かれずに矯正治療ができる

歯並びを美しく整えるために矯正治療を受けたいけれど、周りの人たちに気づかれるのは嫌だと治療を受けるのを迷っている大人の方が多いと言われています。でも、最近はインビザラインを選択することで、周りの人たちに気づかれることなく歯列矯正ができます。インビザラインというのは、透明なマウスピース型の矯正装置を用いて歯列矯正を行う矯正治療システムです。ワイヤーを使わずに、透明で目立たないマウスピース型の装置を用いるため、人に気づかれる心配がない上、虫歯になるリスクも避けることができると言われています。また、咬めないものもないので、いつもどおりに食事を楽しむことも可能ですし、話すときに違和感を感じることもありません。そのため、インビザラインは大人でも安心して矯正治療が受けられるということで、たくさんの人たちに選ばれています。

当クリニックの内装は日本を代表する空間デザイナーの文田昭仁氏に設計依頼してもらい、純白とデザイン性の高い作りとなっています。 前歯の隙間が気になる方、部分矯正10万。 ハーフリンガル(上だけ裏側矯正)で他院の表側矯正と同じ位の費用です。裏側矯正は大変お得になってます。 通院に便利な新宿です!新宿3丁目駅C8出口出てすぐ! インビザラインが50万円、都内随一の低価格です! インビザラインはオーラルデザイナーの無料相談から!